たけしのTVタックルに高校受験のプロとして出演した業界最大手塾元トップ講師「石切山聡偲」が7年間の沈黙を破りついに公開!

高校受験wiki(入学資格) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

高等学校を始めとする後期中等教育課程に入学するには通例、前期中等教育課程(すなわち、中学校の課程、中等教育学校前期課程、特別支援学校中学部の課程のいずれか)を修了しなければならない。

この際、入学志願者の年齢は入学年度の4月1日時点(以下「年初」と表記)で満15歳以上となる注。

後期中等教育を行う学校に出願できるのは以上の入学資格を満たしている者、または年初で満たす見込みがある者(現役生)である。

法制度上は高校を始めとする後期中等教育の学校に入学できる年齢に上限は設定されておらず、また、過年度卒業生の進学が禁止されているわけでもない。

しかしながら、各学校等においては年齢に上限を設ける場合や、過年度卒業生に対して入学資格を設定していない場合もある。

現状では高校等の入学志願者の多くが中学校等を卒業する見込みの者(現役生)であり、浪人などの過年度生はあまりいない。

ただし、帰国子女の場合は各国の学校制度が違うことから、ある程度年齢に幅を持たせて募集している場合も見られる。

なお、以上の例は高校の大多数を占める全日制高校の場合に多く当てはまるものであり、定時制高校・通信制高校では過年度生も多い。

また、専修学校高等課程(高等専修学校)の場合は過年度生もある程度存在する。

なお、私立高校では完全中高一貫校となって、高校からの外部入学者の募集をせず、併設中学校からの内部進学のみとする学校も多く存在する。

併設型中高一貫教育を実施している中学校の場合は、併設の高校に、筆記試験による学力検査を受けること無く進学できる場合が多い(外部受験をすると落ちた場合でも内部進学資格が消滅する場合もある)。

この高校受験をしなくてすむという点が、中高一貫校のメリットの一つである。



注:学校教育課程では初等教育は満6歳以上からとなっている。初等教育の修業年限は6年間であり、前期中等教育の修業年限は3年間であるため、後期中等教育の課程への入学年度の年初で、満15歳以上となる。

ただし、前期中等教育の課程を修了していない者でも、年初に15歳以上であれば、中学校卒業程度認定試験(中検)に合格することで一般の中学校卒業者と同等とされ、同様に後期中等教育の課程に入学できる。なお、一部の後期中等教育の学校では、中検にかえて独自の試験をして出願資格を判断することもある。


この3つのステップラーニングで奇跡の逆転合格を目指そうではありませんか!

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。高校受験勉強法に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

メニュー

高校受験wiki

当サイトについて

教材詳細

【教材名】
35日で奇跡の逆転合格を果たす高校受験必勝勉強法3ステップラーニング

【セット内容】
・A4版ファイル2冊
 (主要3教科編、理科&社会編)
・音声CD11枚
 (英語3枚、数学2枚、理科2枚、社会2枚)
・ポイント解説授業DVD
 (各教科1枚ずつ)
・特典
 (一発食発DVD、学習アドバイスメール
  配信など)