たけしのTVタックルに高校受験のプロとして出演した業界最大手塾元トップ講師「石切山聡偲」が7年間の沈黙を破りついに公開!

高校受験wiki(内申書) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

都道府県によって内申書の取り扱いはまちまちであり、内申点を重視する都道府県もあれば、学力検査の点数の比重が高い都道府県もある。

また宮城県のように内申点と学力試験の比率を明らかにしない県もある。

同じ都道府県内でも、学校によって学力と内申の比率を独自に設定している場合もある。

中学3年次の成績のみで判断される場合や、1、2年次の成績もあわせて判断される場合がある。

内申点における実技科目の加点は県によってかなり違いがある。

主要5教科と比較し、実技科目では筆記試験の他に判断する人間の主観等が入りやすい実技により点数がつけられるため、やや客観性に欠けるきらいがあるのは否めない。

内申点において実技科目の加点が大きい県は大分県(中3時は6倍加点)・高知県・香川県・徳島県・広島県・島根県・和歌山県・京都府・兵庫県・福島県・宮城県・沖縄県となっている(平成19年度入試時点)。

高校受験において学力検査よりも内申点の扱いが低い静岡県・茨城県・埼玉県などでは公立高校の大学進学実績がよい。

また、内申点と学力検査をほぼ同等に扱う広島県において、合格定員の20%は内申点:学力検査=2:8で計算し合格者を出したところ、大学進学実績が急激に伸びた高校がある。

高校受験における内申点の比率が大学進学実績に関係しているか否か興味深いところである。

なお、難関とされるような私立の進学校などでは調査書の提出が義務付けられていても、ほとんど学力検査の成績のみで合否が決定され、内申の合否への影響は極めて少ないとされる。

最たる例では鹿児島ラ・サール高等学校や、愛光高等学校では出願の際の調査書(内申書)の提出は不要であったり、公立校でも東京都立日比谷高等学校の一般入試では内申書を無視し学力検査の点数のみで合否を決する特別枠を一部に設けていたりする。

しかし、内申書の中でも、欠席日数については極端に多い場合、仮に入学試験で合格点に達していても、入学を認めない場合がある。

例を挙げると、開成高等学校では、調査書を提出するにあたって、中学3年度の欠席日数のみを必須化にしており、灘高等学校の場合は欠席日数が極端に多い場合は入学試験の受験を認めないことがある。

また、愛知県東三河地方の県立普通科高校では主要5教科以外でも内申書に1の評点が付いた場合、病気等の特別な事情がない限り、「大勢の生徒と同等の授業をさせるのが困難な生徒」として、学力検査の結果によらず不合格にしたケースがあった。


この3つのステップラーニングで奇跡の逆転合格を目指そうではありませんか!

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。高校受験勉強法に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

メニュー

高校受験wiki

当サイトについて

教材詳細

【教材名】
35日で奇跡の逆転合格を果たす高校受験必勝勉強法3ステップラーニング

【セット内容】
・A4版ファイル2冊
 (主要3教科編、理科&社会編)
・音声CD11枚
 (英語3枚、数学2枚、理科2枚、社会2枚)
・ポイント解説授業DVD
 (各教科1枚ずつ)
・特典
 (一発食発DVD、学習アドバイスメール
  配信など)